20:05 2019年12月06日
台風(アーカイブ写真)

台風15号 8日から9日にかけて関東付近に接近のおそれ

© AP Photo / Koji Sasahara
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

強い台風15号は、7日に小笠原諸島に接近し、その後、勢力を保ったまた8日から9日にかけて関東付近に接近するおそれがある。NHKが報じた。

気象庁によると、強い台風15号は、日本時間7日15時には父島の北東約140キロの海上にあり、1時間に35キロの速さで北西に進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。

報道によると、台風15号は7日に小笠原諸島に接近し、暴風域を伴いながら8日から9日にかけて関東地方の沿岸にかなり接近、上陸するおそれがある。

急激に雨や風が強まるおそれがあるという。

関連ニュース

タグ
台風, 自然, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント