01:13 2019年09月22日

千葉の大規模停電 地域によっては20日間=東電

© REUTERS / Kiyoshi Takenaka
日本
短縮 URL
109
でフォローする

東京電力は、台風15号の影響で千葉県内で続いている停電について、千葉市や市原市などでは今月16日までに復旧できる見込みとする一方、館山市や鴨川市などでは広範囲にわたって甚大な被害が出ていることから、復旧は27日までかかるとの見込みを明らかにした。地域によっては停電が20日間に及ぶことになる。NHKが報じた。

東京電力によれば、千葉県内では現地時間の14日午前0時の時点で依然としておよそ16万3800戸で停電が続いている。

東京電力は13日夜の記者会見で、鴨川市、南房総市、館山市、鋸南町では、おおむねの復旧は今月27日までかかるとの見込みを明らかにした。これらの地域は、広範囲にわたって設備に甚大な被害が出ており、およそ5万戸が対象だとした。

続いて、君津市、富津市など18の市町村では、おおむねの復旧は今月20日までかかるとの見込みを明らかにした。およそ7万戸が対象となる。

そして、千葉市の緑区や若葉区、そして市原市、袖ケ浦市佐倉市、成田市など、15の市と町では、今月16日までのおおむねの復旧を見込んでおり、7万戸が対象。

復旧が大幅に遅れる理由として担当者は、広範囲で電柱が倒れているなどとして「かなり過小な想定をしてしまった」と述べた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント