11:49 2019年12月13日
LGBT Flag

LGBTに理解を ラグビーW杯に向けて原宿に交流施設

© AP Photo / Esteban Felix
日本
短縮 URL
225
でフォローする

いよいよ開幕するラグビーワールドカップ日本大会に合わせて、スポーツの世界でもLGBTなど性的マイノリティーの人たちへの理解を深めてもらうべく、原宿に期間限定の交流施設が設置され、さまざまなイベントが開催されることになった。NHKが報じた。

この施設はLGBTの人たちを支援する団体などがスポーツの世界でも理解を広げようと設置するもので、「プライドハウス東京2019」と名付けられる。

ラグビーワールドカップ日本大会が開幕する今月20日から11月4日まで原宿に設置され、誰でも自由に入場できる。期間中はLGBTを表明しているアスリートによる講演や、LGBTをテーマにした絵本や漫画の展示が行われる。

こうした施設は、これまでのオリンピックやサッカーワールドカップなどでも設置されており、来年の東京オリンピック・パラリンピックでも設置が予定されている。

関連ニュース

タグ
ラグビー, 東京
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント