06:52 2019年12月12日
東電旧経営陣3人無罪判決に怒りや失望

東電旧経営陣3人無罪判決に怒りや失望

© AP Photo / Tom Curley
日本
短縮 URL
0 51
でフォローする

2011年の福島第1原子力発電所事故をめぐり、東京電力旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴された裁判で、東京地裁は19日、勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の旧経営陣3人に無罪を言い渡した。これを受け、被災者たちからは怒りや失望の声が上がった。

裁判では、巨大津波を予見できたかどうかが大きな争点だった。NHKによると、東京地方裁判所の永渕健一裁判長は、巨大津波の発生を予測できる可能性があったとは認められないとして、3人に無罪を言い渡した。

福島原発告訴団は19日に記者会見を開き、団長の武藤類子さんは「あれだけ証拠がありながら罪に問えないのか。裁判官は福島の被害に真摯に向き合ったのか」と憤りを表した。時事通信が報じた。

またNHKによると、裁判所の正門前で無罪判決を知った被災者たちからは、「起こした事故に対して、自分たちで責任をとるということは当たり前のことで、3人には有罪判決が出ることを期待していた。これだけ大きな被害を出しているのにもかかわらず、無罪判決はあり得ない」、「原発事故によって生活の場、コミュニティすべてが奪われた。裁判でこれだけの証拠が出されたのに、無罪というのはにわかには受け入れられない」などの怒りや落胆の声が聞かれた。

東京電力は判決についてのコメントは差し控えたが、「当社としては、『福島復興』を原点に、原子力の損害賠償、廃止措置、除染に誠心誠意、全力を尽くすとともに、原子力発電所の安全性強化対策に、不退転の決意で取り組んでまいります」とのコメントを発表した。

東京電力の旧経営陣3人も、以下のコメントを発表した。日本のマスコミが報じた。

勝俣恒久元会長「福島第一原子力発電所の事故により多大な迷惑をおかけした社会の皆様に対し、東京電力の社長・会長を務めていた者として、大変申し訳なく、改めておわび申し上げます」。

武黒一郎元副社長「本件事故により亡くなられた方々や負傷された方々に改めてお悔やみとお見舞いを申し上げます。皆様に多大なご迷惑をおかけしていることを大変申し訳なく思っております」。

武藤栄元副社長「福島第一原子力発電所の事故によって、大変多くの皆様方に多大なるご迷惑をお掛けして参りました。当時の東京電力の役員として、改めて深くおわび申し上げます」。

タグ
福島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント