21:42 2019年11月14日

2020年東京五輪 選手村用の厚紙製ベッドが日本で公開 

© AP Photo / Jae C. Hong
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (111)
0 03
でフォローする

24日、日本オリンピック委員会は、2020年東京五輪の選手村用のベッドを公開した。

来るべき五輪のために特別に設計されたこのベッドの主な特性は、環境に優しいという点にある。たとえばベッドの骨組みは厚紙を加工したもの。

委員会の代表はプレゼンテーションの際に、「質の良い健康的な睡眠、それは各選手にとってもっとも重要な要素のひとつ。私たちは、五輪用に開発したベッドがこうした睡眠を選手たちに提供できると確信している」と強調した。

ベッドの長さは210センチだが、背の高い選手のために230センチの特別なタイプも用意されている。委員会によれば、このベッドとそのコンポーネントは、高い強度と耐水・耐火性を備え、さらに最大200キログラムまで耐えることが可能。マットレスに関しても、環境に優しく、さまざまな硬度の等級が選手たちに用意される。

東京オリンピックは2020年7月24日から8月9日まで開催される。

関連ニュース

IOC会長「日本食品は安全」 東京五輪参加国に説明の意向 

五輪期間中の紛争休戦決議へ連携 首相、IOC会長と会談

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (111)
タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント