23:29 2020年08月11日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

26日午前、 大阪の伊丹空港でナイフのようなものを所持した利用客に係員が刃 物を返却したことから、 全日空が保安検査を再度行うトラブルが発生した。 このトラブルにより、南ターミナルの保安検査場が一時閉鎖され、 検査の再開を待つ利用客などで空港内が一時混雑した。

全日空などによれば、26日の午前7時過ぎ、 全日空機が発着する空港国内線南ターミナルの保安検査場で、 職員がエックス線検査などで刃物のようなものに気がついたが、 所有していた利用者を通過させてしまったという。全日空は、 すでに搭乗していた乗客を降ろし、保安検査をやり直したが、 そのため保安検査場やロビーが多くの乗客であふれ、 騒然となった。

このトラブルの影響で、 午後正午過ぎの段階で伊丹空港を発着する全日空機を中心に24便 が欠航したのをはじめ、多くの便で遅れが生じている。

ラグビー・ワールドカップの日本開催もあり、国交省は9月13日 から国内の全空港に保安検査の強化を求めていた。 大阪府警によると、ケガ人などは確認されていない。航空法では、 刃物など危険物の機内への持ち込みは原則禁止となっている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント