05:24 2019年11月15日

安倍首相、日本のEEZ内での違法操業防止のために「毅然と対応していく」

© Sputnik / Viktor Chernov
日本
短縮 URL
0 37
でフォローする

日本の安倍首相は7日、衆院本会議に出席し、日本海の大和堆付近の日本の排他的経済水域(EEZ)内で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故について代表質問を受け、日本のEEZ内での外国漁船による違法操業の防止のために「毅然と対応していく」と述べた。毎日新聞が報じた。

7日、日本海の大和堆周辺で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突し、北朝鮮の漁船が浸水、乗組員が海に投げ出された。

毎日新聞によると、安倍首相は事故について「全力で救助などの対応に当たっている」と述べ、詳細については今後しっかり調査していくとした。

また安倍首相は「我が国の排他的経済水域内での外国漁船による違法操業の防止のため、毅然と対応していく」と強調した。

NHKによると、事故では水産庁の漁業取締船などが救助活動を行い、海に投げ出された北朝鮮の乗組員およそ60人全員を救助した。

タグ
北朝鮮, 事件, 安倍晋三
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント