05:35 2019年11月15日

教諭いじめの神戸市小学校 児童間のいじめが急増

© Fotolia / tatsushi
日本
短縮 URL
0 04
でフォローする

神戸市の公立小学校で起きた教諭間のいじめ問題を受けて17日に開かれた市議会で、教育委員会はこの小学校で児童間のいじめが急増していることを明らかにした。教育委員会は「推測だが教員の人間関係が影響した可能性もある」として、対策を急ぐ考えを示した。NHKが報じた。

神戸市の市立東須磨小学校で、4人の教諭が同僚の男性教諭らに悪質ないじめを繰り返していた問題を受けて市議会は17日、臨時の文教こども委員会を開いた。

この中で、教育委員会の住谷照雄次長は、当該小学校で児童間のいじめの認知件数が2017年度は0件だったのに対し、2018年度は13件、さらに2019年度はこの半年で16件と急増していることを明らかにした。そのうえで、住谷次長は「推測だが教員の関係がぎくしゃくし、子どもにも影響した可能性もある」と述べ、いじめ対策を急ぐ考えを示した。

また、17日の委員会では被害者の男性教諭が過去に前校長と面談した際、「おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたと訴えていることなどを踏まえ、前校長らを参考人として招致する方向で検討することになった。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント