18:01 2020年06月07日
日本
短縮 URL
0 12
でフォローする

日本政府は2日、東京電力福島第一原発の廃炉作業の工程表の改定案を示し、2011年の東日本大震災の事故で溶け落ちた原子炉建屋内の核燃料(燃料デブリ)の取り出しについて、2021年から2号機で開始することを明らかにした。時事通信が伝えた。

1〜6号機の使用済み燃料プールにある核燃料の取り出しについて、2031年末までの完了を目指しているという。

工程表によると、すべての廃炉作業が完了するには最長で約40年(2041年から2051年)かかる。

関連ニュース

タグ
福島, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント