10:43 2019年12月12日
馬毛島

馬毛島 日本政府が買収合意を正式発表

© CC BY 2.5 / 663highland
日本
短縮 URL
0 33
でフォローする

菅義偉内閣官房長官は2日の記者会見で、米軍空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)の移転候補地である馬毛島(まげしま、鹿児島県西之表市)について、日本政府が地権者の「タストン・エアポート」社との間に約160億円の買収合意に達したと発表した。

記者会見で菅官房長官は、防衛省と地権者が11月29日、一定の合意に達したと説明。また、菅官房長官は「(FCLPの)施設の確保は安全保障上の重要な課題だ。早期に恒久的な施設を整備できるよう引き続き取り組んでまいりたい」と述べた。さらに、菅官房長官は、買収額は適正なものとの考えを示し、今後は正式な買収手続きを進めたうえで、地元への理解を求めていきたいと述べた。

馬毛島は種子島の西約12キロあり、広さは約8平方。2011年の日米合意で、馬毛島を硫黄島(東京都)で暫定実施されているFCLPの移転候補地とすることが決められた。これは硫黄島が、空母艦載機の拠点である米軍岩国基地(山口県)から約1400キロと遠く離れているため、それよりも岩国から400キロと近い馬毛島に訓練施設を移転するよう米政府が要請していたため。

関連記事

タグ
日米関係, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント