02:27 2019年12月13日

2020年聖火リレー出発地点周辺を再除染 

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
日本
短縮 URL
2020年東京オリンピック・パラリンピック (117)
0 01
でフォローする

産経新聞は4日、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの出発地点周辺で、国の除染の目安を上回る放射線量が確認され、改めて除染が実施されたと報じた。

産経新聞によると、聖火リレーの出発地点である福島県のサッカー施設「Jヴィレッジ」に隣接する駐車場などで環境保護団体が10月と11月に放射線量を調査したところ、国の除染の目安(毎時0.23マイクロシーベルト)を上回る放射線量が測定された。調査では、「地表で毎時71マイクロシーベルト、地表1メートルで毎時1.7マイクロシーベルトの放射線量」が測定され、環境省は東京電力に対応を要請、東京電力は3日、再除染を行ったという。

「J ヴィレッジ」は、2011年福島第1原発事故後に収束作業の拠点となっていた。

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (117)
タグ
福島, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント