04:30 2020年09月27日
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

日本政府が進める陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の新屋演習場への配備計画について、11日午前、日本のマスコミ各社はいっせいに「新屋は見直し」と報じたものの、菅官房長官の記者会見で「見直し」は否定された。

菅長官は、防衛省が新屋演習場、弘前演習場、その他の国有地に関し、ゼロベースで公平に見直しをするとして、現段階で再調査を実施しているものの、見直しの方針や方向性を決定した事実はなく、配備を断念した事実もないと明言している。

同日、地元の秋田県議会は住民らの配備計画反対などの決議を求めた請願と陳情を「継続審査」とし、住民の声は先送りされている。

関連ニュース

秋田、イージス・アショア報告書で相次ぐ誤り、防衛省の「再説明」は信用できるのか?

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント