01:50 2020年08月12日
日本
短縮 URL
0 04
でフォローする

日本では2018年度、駅員や乗務員への暴力行為が670件に上った。2017年度比9件減少。共同通信が27日、国土交通省の発表をもとに報じた。

共同通信によると、670件のうち375件は、乗客が飲酒した状態だった。また670件のうち410件は、警察に被害届が出されたという。

最も多かったのは東京(246件)で、神奈川(78件)、大阪(53件)、埼玉(51件)、千葉(43件)と続く。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント