12:17 2020年02月22日
日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

米国は、核実験などによる汚染を観測する監視機WC-135W(コンスタント・フェニックス)を沖縄の嘉手納米空軍基地に派遣した。17日、軍用機フライト追跡サービスAircraft Spotsがツイッターで伝えた。

聯合ニュースは、WC-135Wの日本到着について、朝鮮半島の緊張が高まる中、北朝鮮の核活動の監視を強化する米国の措置との見方を示している。

WC-135Wは1986年、チェルノブイリ原子力発電所事故後の大気の状態を監視するため、欧州に展開した。

関連ニュース

タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント