19:32 2020年08月06日
日本
短縮 URL
0 10
でフォローする

昨年10月の火災で焼失した首里城(那覇市)の復元に向けた工事が開始された。首里城は大規模な火災により正殿をはじめとする主要な建物が全焼した。工事の初日には、工事用の足場が組まれたり、瓦などの瓦礫の回収などが行なわれた。

初日は、全焼した北殿と一部が焼けた奉神門で作業が行なわれた。復旧工事期間には、可能な限り一般客に公開する方針。視察に訪れた玉城知事は、再建される首里城の様子を見てもらいたいと表明した。

今後は、北殿や南殿の取り壊し工事を進めていく予定。また、正殿の復旧作業に関しては、政府の有識者会議での検討をふまえて進められることになり、5月の大型連休までに正殿の地下にある世界遺産の遺構の公開を目指すという。


関連ニュース

タグ
事故, 沖縄
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント