01:52 2020年07月11日
日本
短縮 URL
132
でフォローする

15日、日本が実効支配し、中国が領有権を主張している東シナ海の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の沖合で中国海警局の船2隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行している。NHKが報道した。

報道によると、日本の領海のすぐ外側にある接続水域では14日、中国海警局の船4隻は航行していて午後22時すぎまでに出たが、15日午前8時半ごろ、別の2隻が接続水域に入った。15日午前9時現在、2隻は尖閣諸島の久場島の北北西約36〜37キロを航行している。海上保安本部が警告と監視を続けている。

尖閣諸島の領有権に関する日中間の論争は、2012年の9月に日本政府がこれらの諸島を「国有化」して以来、先鋭化している。このことに対し中国社会では反発が高まり、二国間関係に深刻な悪化をもたらした。

関連ニュース

タグ
領土問題, 尖閣諸島, 日中関係, 日本, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント