22:46 2020年04月10日
日本
短縮 URL
0 30
でフォローする

2016年7月に神奈川県相模原市の障害者施設で45人が殺傷された事件の裁判で、検察は植松聖被告に対し、死刑を求刑した。日本のマスコミが報じた。

植松被告は入所者19人を殺害、職員を含む26人に重軽傷を負わせたとして、殺人などの罪に問われている。

NHKによると、17日に開かれた裁判で、検察側は、被告には責任能力があったと主張し、「ほとんど抵抗できない被害者を一方的に殺害した卑劣で冷酷無比な犯行だ」として、植松被告に死刑を求刑した。

被告は死刑が求刑された瞬間、表情を変えることはなかったという。

関連ニュース

「世界が平和になりますように」19人殺害の植松容疑者、ツイッターに投稿(写真)

タグ
日本, 事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント