19:27 2020年08月06日
日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

河野太郎防衛相は3日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が2日に飛翔体を発射したことに関して「去年11月28日などに発射されたものと同じ系統の短距離弾道ミサイル2発と考えている」と記者団に対して明らかにした。NHKが報じた。

先に北朝鮮が現地時間の2日正午過ぎ、日本海の方向にむかって2発の飛翔体を発射したと報じられていた。

河野氏は「発射間隔は1分未満で、従来から北朝鮮が保有しているスカッドミサイルの軌道よりも低い高度をおよそ240キロ飛しょうしたものと推定している」と述べた。

また、河野氏は記者団から「北朝鮮の国営メディアの写真では、2発以上、発射したように見えるが、どのような認識か」と聞かれて「短距離弾道ミサイルのほかに、多連装ロケット砲などを発射した可能性はある。総合的な防空能力を高めていく必要がある」と説明した。

関連ニュース

タグ
北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント