15:12 2020年03月31日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

広島地方検察庁は去年の参議院選挙でウグイス嬢に法律の規定を超える報酬を支払ったとして、河井克行前法務大臣の政策秘書と案里議員(自民党)の公設秘書ら3人を公職選挙法違反の運動員買収の疑いで逮捕した。NHKニュースが伝えている。

逮捕されたのは、河井克行前法務大臣の政策秘書である高谷真介容疑者と案里議員の公設第二秘書の立道浩容疑者、そして陣営幹部だった脇雄吾容疑者の3人。

広島地検の調べでは、秘書らは河井案里議員の去年7月の参議院選挙で、ウグイス嬢に法律の規定を超える報酬を払ったとして、公職選挙法違反の運動員買収の疑いがもたれている。

検察は今年1月、河井議員夫妻の地元事務所や自宅マンションなどを捜索するとともに、秘書は陣営幹部、ウグイス嬢からも事情を聴き、容疑が固まったとして逮捕に踏み切った。ウグイス嬢の報酬は公職選挙法で1日1万5千円が限度と規定されているが、河井議員の陣営はその倍の3万円を支払っていた疑い。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント