20:00 2020年08月06日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

新型コロナウイルス感染が広がる中、橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は衆議院予算委員会で、IOC(国際オリンピック委員会)が東京大会の開催可否を判断する期限について問われ、「5月末が大きな基準になっているのではないかと思う」と述べた。NHKニュースが伝えている。

橋本オリンピック・パラリンピック担当大臣は「公式見解ではなかったが、IOC委員から『5月末が最終期限ではないか』という発言があり、5月末が大きな基準になっているのではないかと思う」と述べた。

また大会を延期できるかどうかについて「開催都市契約では、IOCが中止する権利を有するのは『本大会が2020年中に開催されない場合』とのみ書いてあり、この解釈によっては2020年中であれば延期できると取れる」と述べた。

そして『組織員会とIOC、東京都が7月24日に開催する前提で全力を挙げており、国としてしっかりとサポートすることに尽くしていきたい」と述べた。

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント