10:28 2020年04月07日
日本
短縮 URL
0 44
でフォローする

19日、日本の海上自衛隊の最新鋭イージス艦「まや」が就役した。日本のマスコミが報じた。

報道によると、「まや」には、敵のミサイルなどの情報を米軍と共有できる「共同交戦能力(CEC)」システムが初めて搭載された。海自艦のレーダーで探知できないミサイルなどの情報を共有し、攻撃することが可能だという。

読売新聞はCECについて、「導入が進めば、中国が急速に能力を向上させている巡航ミサイルや、北朝鮮の弾道ミサイルへの対処能力が高まる見通しだ」と報じている。

「まや」は、海上自衛隊の7隻目のイージス艦


関連ニュース

新イージス艦「はぐろ」進水 海自【動画】

米海軍、イージス艦「ジョン・S・マケイン」を日本に移送へ

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント