11:23 2020年09月20日
日本
短縮 URL
筆者 :
0 010
でフォローする

新型コロナウイルス感染拡大を受け、安倍首相は衆議院本会議で、緊急経済対策を盛り込んだ今年度の補正予算案の早期成立に向け、野党側の協力を求めた。

衆議院本会議では新型コロナウイルス感染予防の一環で、半数程度の議員が本会議場から出て密集状態を避けた。

立憲民主党議員の「緊急事態宣言や緊急経済対策は遅すぎ、少なすぎ」との批判に対し安倍首相は、「今のところ諸外国のような爆発的な感染拡大は発生していない状況で、客観的事実として評価する限り、諸外国と比しても我が国の対応が遅かったとの指摘はあたらない」と反論した。

その上で安倍首相は、「この難局を乗り切るため、考え得る政策手段を総動員して事業と生活を守り抜く。そのための補正予算案を来週提出する予定で、迅速な支援を実現するためにも、一日も早い成立に協力をお願いする」と述べた。

全国すべての世帯への布マスクの配布については、「急速に拡大している需要に対応する上で非常に有効。サージカルマスクなどを医療現場に優先して供給するためにも理にかなった方策だ」と述べた。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, 安倍晋三
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント