15:03 2020年06月07日
日本

海上自衛隊 ジブチ派遣哨戒機、機体のみ交代 新型コロナ影響で隊員交代できず

日本
短縮 URL
0 10
でフォローする

中東地域で海賊対策などに当たっている海上自衛隊の哨戒機部隊は、新型コロナウイルスの影響で交代要員を派遣できないことから、機体だけを入れ替えることになった。24日、青森県の八戸航空基地から哨戒機2機が現地に向けて出発した。NHKニュースが伝えている。

海上自衛隊のP3C哨戒機部隊は、アフリカ東部のジブチを拠点に海賊対策に当たっており、今年から日本に関係する船舶の安全確保に必要な情報収集も行っている。

防衛省によると活動はおよそ3カ月交代で、今年1月に派遣された部隊の交代時期を迎えたが、新型コロナウイルスの影響でジブチ政府が外国人の入国を厳しく制限していることから交代要員派遣の調整に困難が生じていた。

一方、哨戒機は日本で定期的な整備をする必要があり、機体だけを入れ替えることになった。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント