20:38 2020年05月25日
日本
短縮 URL
3216
でフォローする

米マイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏が日本の「旭日大綬章」を受章する。29日(水)の政府の「春の叙勲」受章者発表で明らかになった。

今年の「春の叙勲」は最高位の「旭日大綬章」6人を含め、各界で功労のあった日本人4000人以上が受章する。外国人では57ヶ国・地域の117人が選ばれ、ロシアからは5人が受章する。

ソ連・ロシアの歴史家、日本研究者のアレクサンドル・メシェリャコフ歴史学博士、ロシア科学アカデミー東洋学研究所日本研究センターのイリナ・レベジェワ主任研究員は旭日中授賞を受章する。

ロシア科学アカデミー東洋写本研究所のワジム・クリモフ上級研究員、極東美術館のワレンチナ・ザポロシスカヤ館長は旭日小授章を、また国立東洋博物館のガリーナ・シシキナ上級研究員は旭日双光章を受章する。

旭日章は1875年に制定され、8等級。20世紀後半以降、ソ連およびロシアからも数十名、主に学術・芸術、東洋研究、日本研究の功労者が受章している。

関連ニュース

タグ
ビル・ゲイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント