09:27 2020年12月03日
日本
短縮 URL
0 33
でフォローする

18日、日本の自衛隊で初めての宇宙領域の専門部隊「宇宙作戦隊」が発足した。同部隊は、日本の人工衛星の脅威となる宇宙ごみなどを監視する。同日、河野防衛相出席のもと、東京で隊旗授与式(発足式)が行われた。

河野防衛相のツイッターに授与式の写真が公開された。

宇宙作戦隊は、航空自衛隊府中基地を拠点に約20人で発足した。日本の人工衛星の脅威となる宇宙ごみや隕石などの監視を主な任務とする。

河野防衛相は隊旗授与式後、記者団に「『宇宙作戦隊』は、初めての宇宙領域を専門とする部隊で、国民の期待も非常に高いと思う。人材育成も進めなければならず各国との協力態勢を築きたい」と述べた。NHKが報じた。

宇宙作戦隊の本格稼働は2023年に予定されている。

関連ニュース

日本が宇宙部隊を創設

タグ
宇宙
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント