19:32 2020年05月25日
日本
短縮 URL
0 35
でフォローする

日本の防衛省が研究している最新鋭の「高速滑空ミサイル」の性能に関する情報が漏えいした疑いがあることがわかった。サイバー攻撃を受けた三菱電機から情報が漏洩した可能性があるという。日本のマスコミが報じた。

共同通信によると、漏えいした可能性があるのは「ミサイル試作品の製作に関する入札の際、企業側に求めた性能などの情報」。入札の結果、三菱電機とは別の企業が受注した。

朝日新聞によると、高速滑空ミサイルは複雑な軌道を超音速で飛行し、敵の防衛網をかいくぐって目標を攻撃する。防衛省は2018年度から研究している。

防衛省は、サイバー攻撃について調査を行っているという。

関連ニュース

人工衛星を守る「宇宙作戦隊」発足 日本

タグ
武器・兵器, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント