17:56 2020年10月25日
日本
短縮 URL
0 14
でフォローする

新型コロナウイルス対策として全国民に一律10万円を給付する特別定額給付金をめぐり、大阪府寝屋川市が993世帯の2196人に二重に振り込んでいたことがわかった。誤って振り込んだ金額は2億1960万円に上り、市は今後返金を求めるという。NHKニュースが伝えた。

寝屋川市によると、オンラインや郵送などで申請を受け付け、マスターデータベースで入力漏れや重複が起きないように管理していた。何らかの理由で993世帯への振込完了がデータベースに反映されず、二重に支給されたという。対象世帯には電話などで謝罪し、返金手続きを依頼している。

データ管理は市独自の仕組みで行い、今回のミスが発覚するまで職員1人が最終確認を担当していたという。市ではミスを受けてダブルチェック体制に改めた。

広瀬慶輔市長は記者会見で「市民の信頼を裏切ることになり申し訳ない」と謝罪したうえで「我々のミスであり、誠意を尽くして説明し、返金のお願いをしたい」と述べた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント