07:37 2020年10月27日
日本
短縮 URL
194
でフォローする

15日、日本の河野防衛相は記者団に対し、新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を停止すると発表した。技術的問題とコスト、時間を考慮しての判断だという。NHKが報じた。

「イージス・アショア」とは、弾道ミサイルに対処する海上のイージス艦と同様の機能を、地上に整備する迎撃ミサイルシステムのこと。

河野防衛相は、計画停止の理由として、アシュアのブースタの落下場所を確実にするためにはソフトとハードの両面の改修が必要だということ、落下の安全性を高めるには技術的な問題があり、時間とコストがかかることなどを上げた。そのことをふまえ、国家安全保障会議(NSC)に報告し、政府として今後の対応を議論することを明らかにした。

また、河野防衛相は、こうした決定について、山口県と秋田県の両知事に15日、電話で報告したとした上で、早い時期におわびに行く予定であると語った。

タグ
自衛隊, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント