00:37 2020年10月21日
日本
短縮 URL
228
でフォローする

迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の停止を受け、安倍晋三首相は自民党の役員会で、安全保障戦略の在り方について検討を進める考えを示した。NHKニュースが伝えている。

この中で安倍首相は、「イージス・アショアは配備プロセスを停止することとした。しかしこれによって我が国の防衛に空白を生むようなことがあってはならない」と述べた。

そのうえで「抑止力を強化するために何をすべきか、安全保障戦略の在りようについて徹底的に議論したい。国民の命と平和な暮らしを守り抜く責任を果たすため、政府・与党一体となって新しい方向性を打ち出していきたい」と強調した。

関連記事

タグ
日米関係, 軍事, 安倍晋三
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント