05:52 2020年08月15日
日本
短縮 URL
145
でフォローする

日本の防衛省が一般の希望者を対象に不要物品のオークション実施を発表した。河野防衛相の声明を日本の各マスコミが報じている。防衛省のこうした試みは前例がない。

3日、防衛装備庁のサイトにはさっそく「せり売り」 ページが設けられた。

「せり売り」は今月26日、 千代田区市谷の防衛省本省を会場に行われる。 参加希望者は特設ページの宛先へ往復はがきを郵送し、 申し込みを行う。

河野防衛相は「せり売り」 の目的を防衛に必要な予算を独自に確保することとしており、 100億円を超えるステルス戦闘機F35を買えるほどの収益を上 げたいと意気込んでいる。 せりには自衛隊員の水筒からパイロット用ヘルメット、 退役練習艦の操舵輪までおよそ30点がかけられる。

関連ニュース

タグ
日本, 武器・兵器, 自衛隊, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント