16:43 2020年08月11日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

NHKによると、西日本と東日本では9日から10日にかけて激しい雨が降る恐れがあり、土砂災害や河川の氾濫などに厳重な警戒が必要とされている。

9日、岐阜県関市板取で午前7時までの1時間におよそ41ミリの雨が降った。

NHKが気象庁の情報をもとに報じたところによると、前線や湿った空気の影響で大気の状態が不安定になり、近畿や東海に発達した雨雲がかかっており、激しい雨が降る見込み。10日昼までの24時間に降る雨の量は、近畿で180ミリ、東海と関東甲信で150ミリと予測されている。また、記録的な大雨となった九州と四国では10日朝までの24時間に降る雨の量は250ミリと予想されている。

関連記事

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント