00:26 2020年12月01日
日本
短縮 URL
0 50
でフォローする

アフガニスタン東部ナンガルハル州で昨年12月にNGO「ペシャワール会」現地代表の中村哲医師ら6人が殺害された事件で、アフガニスタンのモヒブ大統領顧問(国家安全保障担当)は21日、事件に関連して1人を拘束したことを明らかにした。日本のマスコミが報じた。

読売新聞によると、モヒブ大統領顧問は21日、ナンガルハル州で開かれた集会で、「我々の部隊が中村医師殺害に関連して1人を拘束した」と述べた。現在も捜査が続いており、2人の行方も追っているという。

昨年12月4日、中村医師らはナンガルハル州を車で移動中に銃撃され、死亡した。

日本政府は昨年12月末、アフガニスタンでの人道支援に寄与した中村医師に旭日小綬章と安倍首相からの感謝状を授与することを決定した。


関連ニュース

アフガニスタンで殺害された中村哲医師が帰国

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント