00:24 2020年08月14日
日本
短縮 URL
0 42
でフォローする

日本の安倍首相は24日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を再び発令する状況にないとの考えを示した。日テレNEWS24が報じた。

NHKによると、日本の23日の感染者数は全国で981人。これは22日の795人を上回り、1日の感染者数としては最多を記録した。

安倍首相は、感染の再拡大に対して高い緊張感を持って注視しているが、感染者数が増加した4月とは状況が異なるとし、緊急事態宣言を再び出す状況にないと述べた。

また、安倍首相は23日からの4連休中の今、「3つの密を回避し、感染を予防する行動を徹底していただきたい」と国民に呼びかけた。

安倍首相はさらに、陽性者の早期発見につとめ、早期に治療を開始できるよう体制を整えていく他、高齢者への感染防止に万全を期すと述べた。


新型コロナウイルス

中国当局は12月末、 武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。 最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルスが疾患の原因と判断した。

中国に続き、イタリア、米国、スペインで、特に多く感染が広がっている。

世界保健機関(WHO)は3月11日、新型コロナウイルスの拡大はパンデミックとなったことを明らかにした。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント