16:57 2020年08月11日
日本
短縮 URL
108
でフォローする

日本政府は、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた新たな社会像を議論するため、感染症の専門家らを新たに加え、未来投資会議を開催した。安倍首相は「強靭性をもった社会構造を構築する」と述べ、年末に中間報告をまとめる考えを示した。NHKニュースが伝えている。

日本政府の未来投資会議は、新型コロナウイルス感染拡大の経験を踏まえ、新たな社会像や国家像について議論する予定。30日の会合では、今後の検討テーマについて意見交換し、デジタル化を通じた東京一極集中の是正や、テレワークをさらに進めるための課題解決や働き方の見直し、また生産拠点の分散など新たな産業構造の構築などが挙げられた。

安倍首相は「新たな時代に向けて、強靭性をもった社会構造を構築する。未来に向けた社会変革の契機としなければ」と述べ、今年末に中間報告を、来年夏に最終報告をまとめる考えを示した。

7月30日17時00分時点で、過去24時間に確認されたコロナ感染者は全国で864人。クルーズ船乗客乗員を除き累計は3万4372人となった。

東京都は過去最多の367人 飲食店などに短縮営業要請へ

そのうち東京都は新規感染者数が367人と、これまでの1日の最多数を更新した。年齢別では20代と30代は合わせて236人に上り、全体の約64%を占めていることが分かった。これで都内の感染者の累計は1万2228人となった。

これを受け東京都では、酒を提供する都内の飲食店やカラオケ店に短縮営業を要請し、応じた中小事業者に協力金を支給する方針を固めた。

協力金は20万円、短縮期間は8月3日から31日になる方向で最終調整されている。


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント