14:33 2020年09月20日
日本

立民、新党名の投票決定を容認 合流巡り、玉木氏納得せず

日本
短縮 URL
0 11
でフォローする

立憲民主党の福山哲郎幹事長は7日、国民民主党と合流した場合の新党名について、国民側が求めていた投票での決定を容認する意向を表明した。国会内で記者団に述べた。ただ国民の玉木雄一郎代表は立民が提案した投票方法に納得せず、平野博文幹事長に詳細を詰めるよう指示した。

これに先立ち福山氏は平野氏と国会内で会談し「最終案」として投票方法を提示した。結党大会で行うとしていた代表選を前倒しして実施。投票用紙に、候補者名に加えて党名も記入する。

だが平野氏から報告を受けた玉木氏は、党本部で記者団に「一つの札に代表名と政党名の両方を書く理由が判然としない」と指摘した。

(c)KYODONEWS

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント