07:58 2020年09月20日
日本
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

日本の総務省消防庁が発表した速報値によると、日本では8月9日までの1週間に、熱中症で救急搬送された人が6600人を超え、10人が死亡した。

消防庁によると、日本では8月3日から9日までの1週間に、熱中症の疑いで6664人が救急搬送された。前の週(3426人)と比べておよそ2倍に増えた。

死亡した人は10人で、3週間以上の入院が必要な「重症」は180人、「中等症」は2430人、「軽傷」は3958人だった。

年齢別では65歳以上の高齢者が3836人(57.6%)、18歳以上65歳未満が2224人(33.4%)、7歳以上18歳未満が570人(8.6%)、0歳から7歳未満が合わせて34人だった。

都道府県別では、東京都の668人が最も多く、埼玉県484人、愛知県417人と続いた。

日本では11日、全国的に厳しい暑さとなり、群馬県と埼玉県では最高気温が40度を超えた。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント