05:29 2020年12月02日
日本
短縮 URL
0 67
でフォローする

日本の防衛省は26日、山口県の米軍岩国基地に最新鋭のステルス戦闘機F35Bが追加配備されることを受け、地元である岩国市に説明を行った。NHKが伝えている。

26日午前、防衛省地方協力局の鈴木敦夫局長は岩国市役所を訪れ、福田良彦市長と面会。米軍が岩国基地で計画しているステルス戦闘機F35Bの追加配備計画について説明した。

防衛省側は、現在配備されている海兵隊のFA18戦闘攻撃機のうち12機が今年10月以降に段階的にF35B戦闘機16機に更新されると米側から伝えられたと説明。岩国基地には3年前にF35Bが16機配備され、今回の追加配備より32機体制となる。配備完了時期は未定という。

一方、福田市長は「騒音が拡大し住民に影響が出るおそれがある」と懸念を示し、騒音がどれだけ増えるか具体的なデータの提供を求めた。

また市長は「疑問や問題点を整理して国に回答を求めたうえで、市民生活にどういった影響があるのか総合的に判断していきたい」と述べた。

ニュースサイト「Defence News」によるとステルス戦闘機F35には重大な欠陥が複数指摘されている。中でもステルス性を維持できる飛行時間が短いとされ、この問題は戦闘機の任務遂行における課題のうち、最も深刻なカテゴリー1に相当する。初めてこの問題が明らかになったのは2011年だが、米国防総省は解決策を見つけようとしていない。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント