20:41 2020年11月25日
日本
短縮 URL
筆者 :
安倍首相辞任 自民党新総裁に菅官房長官を選出 (52)
0 11
でフォローする

安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙は、14日に投開票が行われる。菅官房長官は国会議員票の7割以上を固めているほか、地方票でも大きく支持を広げていることから、新総裁に選出されることが確実と見られている。NHKが報じた。

安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙は、石破元幹事長、菅官房長官、岸田政務調査会長の3人が、394票の「国会議員票」と、47の都道府県連に3票ずつ割り当てられた141票の「地方票」の、合わせて535票をめぐって選挙戦を繰り広げてきた。

14日は、日本時間で午後2時から両院議員総会が開かれ、国会議員と都道府県連の代表による投票が行われる。そして、午後3時半ごろに開票結果が発表され、新しい総裁が選出される見通し。

NHKによると、国会議員票では菅氏が、細田派、麻生派、二階派、石原派の大半に加え、竹下派の議員から多くの支持を得ている。また、谷垣グループや、無派閥の議員からも支持を集め、菅氏は国会議員票の7割以上を固めている。

これに対し、岸田氏は自身の派閥に加え、谷垣グループと無派閥の議員から支持を集め、石破氏は同じく自身の派閥のほか、無派閥議員、竹下派、谷垣グループの一部が支持している。

一方、地方票について菅氏は、北海道や東京、沖縄でそれぞれ3票を確保するなど、これまでに52票を獲得して支持を広げている。

これに対し、石破氏は地元の鳥取で3票を確保するなど、これまでに27票を獲得した。岸田氏は、地元の広島で3票を確保したものの、現時点で8票の獲得にとどまっている。

菅氏は、国会議員票と地方票の合計の得票が過半数に達する見通しで、石破氏と岸田氏を抑えて第99代の総理大臣に就任することが確実視されている。

自民党総裁選挙

新しい自民党総裁の任期は安倍晋三氏が退任することになっていた時期、つまり2021年9月までとなる。 自民党の総裁選挙は9月8日から始まり、14日に確定する。 政権党は、新しい党首の選挙は394人の議員と全108万党員の代わりに141人の都道府県代表が行うことを決定した。

トピック
安倍首相辞任 自民党新総裁に菅官房長官を選出 (52)
タグ
安倍晋三, 日本関連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント