15:01 2020年09月20日
日本
短縮 URL
0 25
でフォローする

JR東京駅前に高さ日本一、約390メートルの超高層ビルが2027年に開業する。大規模な再開発事業の詳細が17日に明らかになった。NHKが伝えている。

日本の不動産大手、三菱地所などはJR東京駅の北側周辺の3.1ヘクタールの敷地で大規模な再開発を進めている。17日、同社は事業の詳細を発表。再開発地区は「TOKYO TORCH」と名付けられ2027年の開業を目指す。

新たに建設されるビルは高さ約390メートルの地上63階建て。ホテルや大規模なホールのほか、高さ350メートルの展望施設が設けられる。完成すると大阪市の「あべのハルカス」(高さ300メートル)や、現在東京港区に建設中の「森ビル」(同330メートル)を超えて日本で最高層ビルとなる。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント