14:29 2020年10月30日
日本
短縮 URL
0 23
でフォローする

サウジアラビア国営石油企業サウジアラムコから日本へと、世界初のブルーアンモニア供給が実現した。米ブルームバーグ通信社が報じた。

世界一の水素エネルギー利用国を目指す日本。ブルーエネルギーは、燃焼時に二酸化炭素を輩出しないゼロエミッション電源として注目を集めている。

このエネルギーに利用されるアンモニアは、3つの水素原子と1つの窒素原子からなる。そのためブルーアンモニアは、そのアンモニア合成時に炭化水素から水素が取り出され、さらには二酸化炭素を回収して隔離できるという利点が特徴のエネルギー

サウジアラムコは、ブルーアンモニアが「信頼性と高い経済性を備えた持続可能な方法」で生成できるエネルギーであるとの期待を示している。

サウジアラムコから日本への初回輸送分は40トン。

関連記事

タグ
日本, 環境
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント