03:20 2020年11月25日
日本
短縮 URL
0 40
でフォローする

日本政府が27日に閣議決定した2020年版自殺対策白書によると、2019年の日本の自殺者数は2万169人で前年に比べ671人(3.2%)減少した。1978年の統計開始以来最少となった。

40歳代、50歳代、60歳以上の自殺者が減少している。一方、20歳未満及び20歳代は急増以前の水準に戻っておらず、20歳未満は前年より増加した。

15~39歳の各年代の死因の第1位は自殺だった。日本の厚生労働省は、日本における若い世代の自殺は深刻な状況にあると指摘している。

自殺の動機・原因については、「健康問題」が最も多く、次に「経済・生活問題」、「家庭問題」、「勤務問題」が続いている。


自殺件数に影響する要因としてWHOが挙げている1つに自殺手段の手に入りやすさがある。例えば自殺に最もよく使われる有毒化学物質、銃の購入に制限をかける、橋にバリアを設けるといった施策は、主要な自殺防止策に数えられる。

タグ
自殺, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント