09:39 2020年11月25日
日本
短縮 URL
0 02
でフォローする

韓国の諜報機関である国家情報院の朴院長が日本を訪問し、菅義偉首相と会談、北朝鮮への対応における協力などについて協議した。日本外務省が報告している。

日本外務省の公式サイトによると、10日、菅義偉首相と朴智元(パク・チウォン)韓国国家情報院長の会談は約25分間にわたり行われた。菅首相は会談の中で、北朝鮮への対応を始め、日韓および日米韓の連携は不可欠であると述べるとともに、北朝鮮工作員により拉致された日本国民の今後について、いわゆる拉致問題の解決に引き続きの支援を求めた。

菅政権発足後、初の韓国高官の訪日となった。

関連ニュース

タグ
日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント