09:19 2020年11月25日
日本

2002年ノーベル物理学賞受賞の小柴昌俊さん死去

日本
短縮 URL
0 01
でフォローする

2002年にノーベル物理学賞を受賞した東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊氏が12日夜、老衰のため死去した。94歳だった。NHKなどの日本のマスコミが報じた。

小柴氏は、宇宙から飛来する素粒子「ニュートリノ」の観測に成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。

報道によると、小柴氏は愛知県豊橋市の出身で、東京大学理学部を卒業、岐阜県の神岡鉱山の地下に観測施設「カミオカンデ」を建設し、超新星爆発で放出されたニュートリノの観測に世界で初めて成功した。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント