12:58 2021年01月24日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

日本の農林水産省と福岡県は25日、同県宗像市の養鶏場で鳥インフルエンザ「H5型」の感染が発生したと発表した。共同通信が報じている。

福岡県は24日、宗像市にある養鶏場の管理者から鶏約40羽が死んだとの通報を受け、県が検査を実施したところ鳥インフルエンザの陽性を確認。また致死性が高い高病原性の疑いが強いため、国が追加の検査を行うという。

これを受けて、県は25日からこの養鶏場の鶏およそ9万3500羽の処分を進めている。またこの養鶏場から半径3キロ圏内での鶏や卵の移動を制限し、3〜10キロ圏内の養鶏場にいては圏外への搬出を禁止する。

福岡県内の養鶏場で鳥インフルエンザが検出されるのは初。

NHKによると、今年、日本の養鶏場で鳥インフルが検出されるのは9例目。香川県では5日以降、2週間あまりで8カ所での感染例が報告されている。

関連ニュース

タグ
鳥インフルエンザ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント