12:57 2021年01月24日
日本
短縮 URL
0 05
でフォローする

新型コロナウイルスの感染拡大で2021年に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策費が、900億円超と試算されていることがわかった。日本のマスコミが報じた。

読売新聞などによると、選手村での検査、医療従事者の確保、競技会場の消毒、スタッフやボランティアの感染防止費などに900億円を超える費用が必要となることがわかった。

大会延期に伴う追加費用は約2000億円と見積もられており、新型コロナ対策費と合わせて約3000億円が上乗せされる見通しだという。

報道によると、大会組織委員会は、日本政府や東京都と協議した上、年内に東京大会の経費を公表する。

関連ニュース

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント