15:06 2021年01月16日
日本
短縮 URL
0 71
でフォローする

東京地検特捜部が安倍前首相に任意の事情聴取を求めていることが分かった。「桜を見る会」前夜に開催された懇親会をめぐる件で、特捜部では政治資金規正法違反の疑いで捜査が進められている。NHKが伝えた。

「桜を見る会」前夜の懇親会をめぐっては、去年までの5年間の費用総額が2000万円を超え、このうち少なくとも800万円以上を安倍氏が負担したとみられている。

しかし懇親会を主催した「安倍晋三後援会」の収支報告書に懇親会に関する収支の記載はなく、東京地検特捜部は安倍氏の公設第1秘書が後援会の収支報告書に懇親会の収支を記載しなかったとする政治資金規正法違反の疑いで捜査を進めている。

加藤官房長官は3日午前の記者会見で「捜査機関の活動内容に関わることなので答えは差し控えたい」「安倍前総理大臣はこれまで国会で出来る限りの説明はしてきたと思うし、先日も、捜査に全面的に協力していく旨、述べたと承知している」とコメントした。

関連ニュース

タグ
日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント