15:13 2021年01月16日
日本
短縮 URL
0 06
でフォローする

菅義偉首相は4日、国連の特別総会でビデオ演説を行い、「危機を乗り越えるべく『団結した世界』を実現しなければならない」と呼び掛けた。日本のメディアが報じた。

菅氏は「今回の危機は、国際社会の連帯の必要性を改めて想起させた。この危機により『分断された世界』ではなく、危機を乗り越えるべく『団結した世界』を実現しなければならない」と述べたうえ、複数のワクチンの特許を管理する国際的な調達の枠組み「COVAX」を通じた治療薬の供給などに取り組んでいく考えを訴えた。

また、菅氏は2021年の東京五輪・パラリンピックに関して「安全・安心な大会を実現するため、全力で取り組んでいく」とも表明した。

これより前、新型コロナウイルスの感染拡大で2021年に延期となった東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策費が、900億円超と試算されていることがわかった。

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、11月22日にオンライン形式で開催されたG20サミット(主要20か国首脳会議)で演説を行い、東京五輪開催に向けて国際的な連帯の強化を呼びかけた。その中でバッハ会長は、パンデミックによりスポーツの重要性がさらに確認されたことを指摘した。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
五輪, 菅義偉, 日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント