07:10 2021年01月27日
日本
短縮 URL
筆者 :
2020年東京オリンピック・パラリンピック (209)
0 012
でフォローする

東京オリンピック・パラリンピックの延期と、コロナウイルス対策の導入に係る追加費用は、総額3000億円規模になると試算された。NHKが伝えた。

国がおよそ700億円、東京都がおよそ1200億円、組織委員会がおよそ1100億円を負担することが判明した。

このうち、延期に伴う費用は、組織委員会がおよそ1100億円、東京都がおよそ800億円、国がおよそ150億円を負担する方向で調整しているという。

大会の参加者と観客に向けた新型コロナウイルス対策費は、国がおよそ550億円、東京都がおよそ400億円を負担する。

三者は4日、最終的に合意するものとみられる。

菅義偉首相は4日、国連の特別総会でビデオ演説を行い、2021年の東京五輪・パラリンピックに関して「安全・安心な大会を実現するため、全力で取り組んでいく」と表明した

関連ニュース

トピック
2020年東京オリンピック・パラリンピック (209)
タグ
新型コロナウイルス, 日本, 五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント