23:11 2021年05月09日
日本
短縮 URL
0 34
でフォローする

7日、日本の陸上自衛隊西部方面隊(総監部・熊本市)と米陸軍による共同指揮所演習「ヤマサクラ」が熊本市東区の健軍駐屯地などで始まった。実動を伴わない図上訓練で、15日まで行われる。熊本日日新聞が報じている。

同紙によると、演習には日米の計約5千人が参加。

演習は双方の作戦能力向上のため毎年実施されており、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、同駐屯地と米太平洋陸軍第1軍団のルイス・マッコード統合基地(米ワシントン州)をオンラインで結んで訓練する。

同駐屯地で訓練開始式が行われ、西部方面隊総監の竹本竜司陸将は「自由で開かれたインド・太平洋地域の実現のため、共同作戦能力の向上は喫緊の課題」と訓示した。


関連ニュース

オーストラリアと日本 軍事協力で条約締結へ

タグ
日本, 軍事演習
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント