04:01 2021年05月07日
日本
短縮 URL
0 03
でフォローする

14日夜に北朝鮮・平壌で行われた軍事パレードについて日本の加藤勝信官房長官は、「詳細は分析中だが、核・ミサイル開発を含め、北朝鮮をめぐる動向は平素から重大な関心を持って情報収集、分析と行っているところ」と述べた。時事通信が伝えている。

加藤官房長官は15日の定例記者会見で、昨夜平壌で行われた軍事パレードについて「詳細は分析中だが、核・ミサイル開発を含め、北朝鮮をめぐる動向は平素から重大な関心を持って情報収集、分析を行っているところ」と述べた。そのうえで「米国などと緊密に連携しながら必要な情報の収集、分析、さらには警戒監視に全力を尽くしていきたい」と語った。

また産経新聞は、今回の軍事パレードでは基体に「北極星5」と書かれた新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられる兵器が登場したことを報じている。

関連ニュース

タグ
ミサイル, 北朝鮮, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント